2022.07.14

大人気芸人や現役プロeスポーツ選手も参戦!「ター君杯×コミュファカップ」開催!

開始

2022年6月26日(日)「ター君杯×コミュファカップ」が開催されました!
楽天・田中将大選手が主催した「マー君杯」に対抗すべく「吉村崇」氏が立ち上げたPUBG MOBILE大会「ター君杯
大会ホストの「吉村崇」氏を筆頭に、MC・実況は「たけうち」氏、実況は「シンイチロォ」氏、解説は「みしぇる」氏と「たらお」氏、ゲストに「熊谷茶」氏を迎えた豪華出演者が本大会を盛り上げます!
また、オンラインからはマヂカルラブリー「野田クリスタル」氏や、インパルス「板倉俊之」氏、OWV「佐野文哉」氏など豪華参加者が参戦!
さらに、会場には観覧のお客様を入れての開催となりました!
それでは、「ター君杯×コミュファカップ」の様子を見ていきましょう!

大会構成

大会構成

本大会はデュオで予選ステージを3試合行い、上位15チームが決勝ステージに進出。
決勝ステージで優勝したチームは「ター君杯」伝統の「PUBG MOBILEダンジョン」に挑戦できます!

賞品

優勝したチームには選べるe-GIFT50,000円分×2人分に加え、Black Shark科技ジャパン株式会社様よりBlack Shark 4 pro本体2台、シュア・ジャパン株式会社様よりAONIC 215 高遮音性イヤホンリモート + マイク付きケーブル(UNI)×2個が贈呈されます!
「PUBG MOBILEダンジョン」で勝利すると選べるe-GIFTの金額が2倍になるチャンスも!

予選A 試合開始!

予選A ROSTER

予選Aの注目はなんといってもプロeスポーツチームZETA DIVISIONから「ZETA Taizi」選手と「ZETA Mattun」選手!
さらにプロeスポーツチームSCARZの現役プロ「SZ・Apo」選手と元プロ「DOOM_Y4my」選手が「TakeuchiLovers」として参戦しています!

安全地帯はやや北寄り

安全地帯はやや北寄り!
本大会はキルポイント制が無いため、順位がそのまま成績になります。
序盤はいかに接敵を少なく物資を集められるかが重要です。

「YouTubeMOMOTEA」選手のファインプレー!

時間経過とともに安全地帯が収縮し、戦闘が増え始めました。
YouTubeMOMOTEA」選手は家の中にいる敵に向けた的確なエイムで1対2に勝利
すぐさま相方の「雑魚の極み」選手を起こします。

地の利を生かしたプレー

予選Aで採用されているマップ「Miramar」は高低差が大きいという特徴も。
NS'原坊・x・」選手はいち早く高い山に登って、安全地帯に追われる敵を一方的に射撃します!

終盤

終盤の安全地帯は建物が少ないですが、身を隠せるような崖や岩が点在しています。
「ZETA DIVISION」チームの両選手は次の安全地帯にも入るポジションを既に確保済み。
これがプロの実力か・・・!?

グレネードのファインプレー!

ZETA Taizi」選手と「ZETA Mattun」選手が崖の上にいる敵に対してグレネードでダブルキル!
残り3チームになったタイミングで他の2チームが戦闘を開始したため急いで近づきます。

予選A 最終結果

戦闘を終えて手負いだった「Team Yellow」チームのふたりを一瞬で倒し切り、みごとドン勝を獲得したのは「ZETA DIVISION」チームとなりました!
解説の「たらお」氏は3位になった女性二人組「Nexus Girls Channel」チームに注目。
まる子」選手は大会前に行われていたスクリムでも積極的にキルを取るスタイルで好成績を収めており、決勝ステージでも活躍が期待されます!

「Muscle Rose」のふたり

破天荒クランから、細じじぃこと「ムラジュン」氏と、見せマッチョことカントリーテール「YUTARO」氏が登場!
実は予選Aに「Muscle Rose」チームとして参加していたお二人。
ムラジュンさんいわく「動きは良かった」とのことですが結果は34位と予選敗退でした。
乗り物に乗っていたのに一瞬で倒されたということから本大会のレベルの高さが伺えます。

予選B 試合開始!

予選B ROSTER

予選Bの注目チームには解説の「たらお」氏が「しなと愉快な仲間達」チームと「ちむちゃんず」チーム、「みしぇる」氏が社会人チームの「スターフライヤー」チーム、「ティーガイア」チーム、「企業連合」チームを挙げました。
「ちむちゃんず」チームは前日のスクリムで14キルの活躍を見せた攻撃力のあるチームです。

プレイヤーは広範囲に広がる

予選Bはマップ「Erangel」での対決。
予選Aの動きを見て判断したのか、マップ中央に降り立つプレイヤーも見られます。
プレイヤーはまんべんなく広がり、各チーム十分な物資が集まりそうです!

企業チーム同士が接敵!

企業チームとして参戦した「スターフライヤー」チームと「企業連合」チームが接敵!
「企業連合」チームが投擲武器を中心に「スターフライヤー」チームを追い詰めますがあと一歩が届かず。
この戦闘で得をしないと判断した「企業連合」チームは車両で逃げていきます。

海に飛び込む「くまうどん」

安全地帯は南に寄り、激戦区でおなじみの「Sosnovka Military Base」を含むかたちに。
順位を上げるために各チームが移動します!

ゲストの「熊谷茶」氏が率いる「くまうどん」チームもバイクで移動しますが、他チームを見つけて方向転換!
迷わず海の中に飛び込んで会場とコメント欄は大盛り上がりです!

海から上陸のチャンスを伺うチーム

安全地帯が完全に南の島に寄ってしまったため、海を泳いでいたチームは上陸を強いられます。
早く陸に上がらなければ格好の的です・・・!

残ったのは「ちぇるちゃんねる」チームと「わんこ。」チーム

遮蔽物が極端に少ない最終盤。
安全地帯と敵からの射線で身動きが取れず続々とチームが脱落してきます。
そして残ったのは「ちぇるちゃんねる」チームと「わんこ。」チーム。

投擲物でとどめを狙う「ちぇるちゃんねる」チーム

建物と車両が遮蔽物になっている「わんこ。」チームが有利に見えますが、「ちぇるちゃんねる」チームの「HIRA大先生」選手が正確すぎるエイムで「JxR٭ ͜Wn」選手をダウン!
「ちぇるちゃんねる」チームはここぞとばかりに距離を詰めて、みごとドン勝を獲得しました!

予選B 最終結果

破天荒クランからは9位の「アンチ南になあああれ!?」チームと11位の「チームごり裸」チームが予選突破! 「くまうどん」チームは21位と、惜しくも決勝進出とはなりませんでした。

「くまうどん」チームが登場

「熊谷茶」氏は、「移動するところ全てに敵がいて大変だった。海に飛び込むのはかっこよかったでしょ!?」と興奮気味に試合を振り返ります。
「実は移動しないのが正解だった」とMC・実況解説陣から総ツッコミをもらいますが、会場は「くまうどん」チームに釘付けで非常に盛り上がりました!

予選C 試合開始!

予選C ROSTER

解説の「たらお」氏は予選Cの注目に「早稲田偏差値72のイケメンと偏差値38のイオン店員」チームを挙げました。
「早稲田偏差値72のイケメンと偏差値38のイオン店員」チームはeスポーツ事務所RELATION Xに所属する人気実力ともに申し分ない二人で結成されています!

また、「板倉×猿極」チームにはインパルス「板倉俊之」氏、「野田ゲー」チームにはマヂカルラブリー「野田クリスタル」氏がオンラインで参加しています!

キレイに散らばる

小さな街も多いマップ「Miramar」ではプレイヤーがキレイに散らばります。
「板倉×猿極」チームはマップの端で確実に物資を漁っている様子。

そろそろ戦闘が起き始める頃

残り34チームですが次の安全地帯はそこまで多くのチームが入れる場所がありません。
比較的静かだった試合ですが戦闘が起き始めそうな予感・・・!

浮くインパルス「板倉俊之」氏

注目の「いたキュッキュ」選手ことインパルス「板倉俊之」氏。
目の前にある救援物資の誘惑に勝てず、道路のど真ん中で倒されてしまいます・・・!

残り3チーム!

建物に陣取った「ふたおの」チームと「キャンプ隊」チームが有利なポジションから周りの敵を倒し、気づいたら一騎打ちに!
安全地帯に追われて動いた「ふたそ」選手を「BCS・Skylar」選手が倒して人数有利を作り、残った「ONOSANyoutube」選手も巧みなキャラ操作で翻弄して、見事ドン勝を獲得したのは「キャンプ隊」チームとなりました!

予選C 最終結果

「キャンプ隊」チームは11キルで1位という圧倒的な成績!
これは優勝候補筆頭でしょうか!?

決勝ステージに参加する賞金首3チーム

試合後には会場の「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」と、オンラインで参加して頂いた皆さんを繋いでインタビューが行われました!
まずはインパルス「板倉俊之」氏の救援物資のシーンについて。
「板倉俊之」氏は「相方が倒されて一人だったのでAWMが無いと勝てないと思った。これまで大会に出ると地味なまま終わってしまうことが多かったので強気なプレイを心がけた」と試合中の心情を話してくれました。
会場では笑いも起きていましたが勝つための賭けだったようです。

続いて「さのブルー」ことOWV「佐野文哉」氏に試合結果を振り返っていただきました。
「予選ステージでは早い段階でやられてしまった。ただ相方の「UNI・マーク」選手がひとりで3位まで引っ張ってくれたので、決勝は活躍できるように頑張りたい」と決勝への意気込みを語りました。

最後に「クリちゃん2828」ことマヂカルラブリー「野田クリスタル」氏に試合の感想を伺いました。
野田クリスタル氏は「もっと楽しいやられ方をしたかった。ター君杯苦手かもしれない」と弱気発言。
以上の3チームには賞金首として決勝ステージに参加していただき、見事賞金首を倒した選手にはシュア・ジャパン株式会社様の高遮音性イヤホンをプレゼントします!

決勝ステージ 試合開始!

決勝 ROSTER

決勝ステージは45チームに賞金首3チームを加えた計48チームで戦います!
やはり注目は「ZETA DIVISION」や「TakeuchiLovers」といったプロチームでしょうか。
安定した立ち回りで勝ち上がってきた「企業連合」や、破天荒クランの皆さんにも注目です!

決勝 ROSTER

航路が西に寄ったことで「Sosnovka Military Base」や「Pochinki」にも複数チームが降りる展開。
序盤から戦闘が起きそうです。

プロチームが欠ける

なんとここで「なおたま」チームの「T4MA'ūOvO٭」選手が「ZETA DIVISION」チームの「ZETA Taizi」選手を倒す大金星!
優勝候補の一人が倒されるまさかの幕開けに会場もザワつきます。

賞金首を倒す!

さらに「チームごり裸」チームの「破天荒×iron。」選手が賞金首の「野田ゲー×mimi」選手を倒してシュア・ジャパン株式会社様の高遮音性イヤホンをゲットです!

安全地帯が決まってすぐに走り出す選手たち

安全地帯はマップ中央に寄るかたち!
予選ステージの傾向を見て、早めに動くチームが多いようです。

「さのブルー」選手敗北

「Mr. & Mr.」チームの二人は慎重な立ち回りでここまで生き残っていましたが、「さのブルー」選手がバイクで安全地帯外まで出てしまうハプニングもあり敗北!
これで賞金首は全員敗退して残りは8チームです!

遮蔽物が少ない最終安全地帯

終盤の安全地帯に遮蔽物が少ないこともあり、すごい勢いで生存チームが減っていきます。
さらに「ゆっくり茶番劇」チーム「おんぷver2」選手のグレネードが「ちぇるちゃんねる」チームに直撃!
残るは「ふたおの」チームと「ゆっくり茶番劇」チームの一騎打ちです!

安全地帯が決まってすぐに走り出す選手たち

しかし「ふたおの」チームで残っているのは「ONOSANyoutube」選手一人のみ。
位置情報を掴んでいる「ゆっくり茶番劇」チームが人数有利を活かして詰め寄り、「ONOSANyoutube」選手を撃破して「ター君杯×コミュファカップ」優勝を果たしました!

ター君杯恒例!PUBG MOBILEダンジョン!

PUBG MOBILEダンジョンのルール説明

ター君杯では恒例のオリジナルゲーム「PUBG MOBILEダンジョン」も開催!
挑戦するのは大会で優勝した「ゆっくり茶番劇」チームです。
Erangelの各地域で待ち構える最強軍団を倒し、最後に「破天荒×破天荒」こと「吉村崇」氏を倒せば見事クリア!
なんと優勝賞品の選べるe-GIFT50,000円分が2倍の100,000円分になります!

ダブルキルする「熊ちゃむちゃむ」選手

まずは「Waterfall」内の滝に降りて「熊ちゃむちゃむ」こと「熊谷茶」氏を倒して・・・という場面ですが、なんと「熊ちゃむちゃむ」選手が「ゆっくり茶番劇」チームをダブルキル!?
本来であればここで挑戦失敗ですが、その瞬間をカメラで捉えることができなかったのでもう1回!

倒される「熊ちゃむちゃむ」選手

今度は「Waterfall」へ降りるのが遅れてしまった「熊ちゃむちゃむ」選手。
武器を持った「ゆっくり茶番劇」チームを前に抵抗できず倒されてしまいます。
まずは第1ステージクリア!

第2ステージ開始!

第2ステージで待ち構えるのは「破天荒×YUTARO」選手と「破天荒×oflows」選手!
挑戦者が「Logistics Center」に入ってスタートです!

逆転勝利!

挑戦者の「ゆっくり茶番劇」チームが不利な地形での対決!
Youtube・RIPO」選手が倒されてしまいますが、「おんぷver2」選手が1対2を制して第2ステージもクリアしました!
ギリギリの勝利に会場は大盛り上がりです!

逆転勝利!

第3ステージで待ち構えるのは「YPB・しな」選手と「YPB・どばnyan」選手!
「Power Plant」で対決です!

逆転勝利!

遮蔽物の陰に隠れていた「YPB・しな」選手のショットガンで「おんぷver2」選手をダウン!
さらに後ろから「YPB・どばnyan」選手のカバーが入って決着!
挑戦者の「ゆっくり茶番劇」チームは第3ステージで敗退となりました!

「ター君杯×コミュファカップ」終了!

以上で「ター君杯×コミュファカップ」は終了となります!
ホストの「吉村崇」氏は「コミュファ eSports Stadium NAGOYAという普段と違う環境で、お客さんも入れて開催するとこんなに盛り上がるのかと体感できた。今後はオンラインだけではなくプロ選手をお呼びするなどイベント形式で更なる挑戦ができれば良いなと思う」とコメントしました。
今回お送りした「ター君杯×コミュファカップ」はGG commufa 公式 YouTubeチャンネルにてアーカイブ動画の視聴が可能です!

また、大会後に行われたエキシビションの様子を限定公開中です!
2022年7月31日(日)23:59までにコミュファ会員サイトの登録をしてご応募いただいた方へYouTube限定公開のURLをお送りしますので、ぜひ「ター君杯×コミュファカップ」の特設ページよりご応募ください!

大変なご時世ではありますが、「コミュファ eSports Stadium NAGOYA」では新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインを策定して、お客様と従業員の安全を第一に運営しております。
最新機材と「コミュファ光」10Gサービスを駆使した最高品質の回線を備えた環境は1時間550円から使用可能!
ぜひお気軽にお越しください!詳細は公式サイトをチェック!

Other
contents