キソウテンガイ いきもの図鑑

キソウテンガイ

学名:
Welwitschia mirabilis
分類:
ウェルウィッチア科
原産地(げんさんち):
アフリカ、
アンゴラ〜ナミブ砂漠(さばく)
  • #東山動植物園
  • #絶滅危惧種
  • #おもしろ生態
  • #ヘンな名前
  • #植物

  • キソウテンガイ。漢字(かんじ)でかくと奇想天外なんだよ。
    その意味(いみ)は、「ふつうではありえないような、とってもとってもキミョウなこと」。ヘンな名前だよね!
    特徴(とくちょう)を知ると納得(なっとく)できるかも。
  • はやす葉(は)っぱは、たったの二枚。
    この二枚の葉っぱを、生きているあいだ、
    ずっとずっとのばしつづけるんだ。葉っぱがふえることはないんだよ!
  • あつくて、雨もほとんどふらないアフリカの砂漠(さばく)にいる。
    とてもきびしい場所(ばしょ)だけど、
    キソウテンガイはそこで1,000年いじょう生きるんだ。
    2,000年生きているものもいるといわれてる。どれだけ長生(ながい)きなの!?
    なるほど、キソウテンガイ!

  • 東山動植物園の、植物園温室(おんしつ)、
    多肉植物園(たにくしょくぶつえん)で見られる
    わーん。
    ほんとに二枚の葉(は)っぱしかないのか? じっくり見てほしいわーん。
    君たちより、ずいぶん長生(ながい)きしている大先輩(だいせんぱい)だから、
    失礼(しつれい)のないようにね!
  • 植物園には、2021年4月にリニューアルされた、ピカピカの施設(しせつ)、
    「温室前館(おんしつぜんかん)」があるわーん。
    なんと、日本にいまでものこっている温室としては、いちばんふるいんだそう。
    温室まえのお庭(にわ)や池(いけ)も、とってもきれいだから、
    見にいってほしいわーん!

監修・写真提供/東山動植物園

  • ワシントン条約(じょうやく)
    に記載(きさい)
  • 地球からいなくなるかもしれない動植物のひとつとして
    国際的(こくさいてき)に取引(とりひき)が制限(せいげん)されているよ。

みんなのコメント
口コミ件数:
総合評価:
記事にコメントをするには会員登録が必要です。

関連記事

おすすめ記事