親子で楽しむ公園特集

スケボーやバスケだけじゃなく遊具も楽しめる!
若宮大通公園(わかみやおおどおりこうえん)

2021.09.29

タノシモポイント①
名古屋の真ん中に遊具のそろう広場が

「若宮大通公園」は、その名前のとおり、名古屋の中心部を走る若宮大通に挟まれた、名古屋高速2号東山線の高架下に広がる、東西に細長い公園です。この日は「白川公園」のすぐ南にある名古屋高速高架下の「白川前駐車場」に車をとめて、東へ東へと若宮大通公園を歩いて行くことにしました。

本町通を渡った先にまず現れたのは、遊具が集まる広場です。このあと紹介しますが、若宮大通公園というとバスケットのハーフコートやスケボーパークがある公園というイメージが強かったのですが、親子連れで楽しめる遊具もちゃんと用意されています。ターザンロープやブランコ、ロッキング遊具、トランポリンのような遊具などが充実。名古屋の中心部にありながら、ここに遊具がそろっていることがあまり知られていないのか、撮影時は祝日にもかかわらず、訪れている親子は数組でした。

タノシモポイント②
無料で使えるハーフコートやスケボーパーク

その先に進んでいくと、バスケットのハーフコートが登場します。多くの若い人たちが、3on3などをして一緒に汗を流していました。使用料は無料で、バスケットの練習をするにはもってこいの場所です。

その先に進んでいくと、スケートボードパークが現れます。東京五輪の日本人選手の活躍もあってか、こちらのエリアも多くの人で賑わっていました。パーク内には、障害物が点々と配置されていて、訪れた人が順番にチャレンジしていきます。こちらのエリアも無料で利用できます。

そこから呉服町通を渡ると、「若宮フットサルパーク」が広がっています。2面のフットサルコートがあり、チーム練習や様々な大会などに活用されています。こちらは有料で、若宮フットサルパークの公式ホームページなどから予約できます。

フットサルパークの横にはトイレがあります。

多目的トイレは、ベビーベッドなどはないシンプルなものです。

タノシモポイント③
街中に広がる憩いの場所

フットサルコートの奥には、ベンチが置かれた広場があり、様々な年代の人がひと休みしたり、ダンスの練習が行われていたり、思い思いに過ごしています。

そのほかチェック情報!

さらに、大津通を渡った先には、久屋大通にいたるまで水が張られた池があり、複数のモニュメントを見ることができます。

このように、東西約1km にわたり、遊具のある広場からスポーツ施設、モニュメントまで、多彩な楽しみ方ができる若宮大通公園。秋にはイチョウ並木も見ごろを迎えるので、ぜひ名古屋の中心部へ訪れた際などに、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

施設情報

若宮大通公園(わかみやおおどおりこうえん)
  • ■住所:愛知県名古屋市中区大須三丁目ほか
  • ■電話番号:052-261-6641(名古屋市中土木事務所)
  • ■開園時間:なし
  • ■閉園時間:なし※スケート広場については8:00〜21:00
  • ■定休日:なし
  • ■駐車場:なし(一部有料駐車場あり)
  • ■体験できる遊具など:ターザンロープ、ブランコ等
  • ■園内の有料の乗り物:なし
  • ■お食事情報:なし
  • ■お得な情報:なし
  • ■ベビーカーの貸出:なし
  • ■遊具貸出:なし
  • ■水遊び:不可
  • ■キッズ向けの飲料自販機:なし
  • ■離乳食の販売:なし
  • ■おもちゃの販売:なし
  • ■迷子センターの有無:なし
  • ■自治体の子育てカード提示での割引:なし
  • ■雨天で遊べる場所:なし
  • ■定例キッズイベント:なし
  • ■キッズエリアから一番近い駐車場:なし

タノシモ♪おすすめの公園特集!

<もどる