アオキコンゴウインコ いきもの図鑑

アオキコンゴウインコ

学名:
Ara glaucogularis
分類:
オウム目インコ科
体長:
約85cm
体重:
約6kg ~ 約10kg
すんでいる場所:
ボリビア(南アメリカ大陸)の
サバンナに点在(てんざい)する
森林(しんりん)
  • #東山動植物園
  • #絶滅危惧種
  • #動物
  • #おもに植物を食べる

  • あざやかな青色の、きれいな羽根(はね)をもった鳥(とり)だよ。
    おなかがわの黄色とのコントラストがとーっても美しいね!
    南アメリカのボリビアだけにすむ、めずらしい鳥だよ。
    コンゴウインコの名前は、ダイヤモンドを意味(いみ)する金剛(こんごう)から
    きているそうで、それだけ貴重(きちょう)で美しいということなんだろうね。
  • 大きな声でないて、なかまとかっぱつにコミュニケーションをとるんだ。
    おだやかな性格(せいかく)で、ひとによくなれるらしい。
    ルリコンゴウインコというとてもにている鳥がいるけれど、アオキコンゴウインコのほうが小さいよ。
  • そのきれいな羽根をめあてにつかまえられてしまったり、ペットにされたり、
    すんでいる森が次々と減ってしまって、今では300羽以下(いか)になってしまっているんだって。

  • アオキコンゴウインコが見られるのは、日本で東山動植物園だけ。
    つがい、つまり、夫婦(ふうふ)でくらしているわーん。
    コンゴウインコは、つがいになるとずっといっしょにいるらしい。
    ビックンとハッケンも負けそうな仲(なか)の良さだわーん!
  • 東山動植物園に来た理由は、日本に密輸入(みつゆにゅう)されてきたところを
    保護(ほご)された
    んだわーん。
    動物園は、そういう、行き場をなくしてしまっためずらしい動物を
    受け入れるやくわり
    もあるんだね。

監修・写真提供/東山動植物園

地球からいなくなる かもしれない動物だよ

みんなのコメント
口コミ件数:
総合評価:
記事にコメントをするには会員登録が必要です。

関連記事

おすすめ記事