「学びの森」園内にカフェのある、ピクニック気分が楽しめる各務原の公園!

「学びの森」園内にカフェのある、ピクニック気分が楽しめる各務原の公園!

パパ・ママ注目!タノシモポイント!

目次

タノシモポイント①
ビオトープ池や木々が点在する大きな「芝生広場」

「学びの森」までは、名鉄「各務原市役所前駅」または「市民公園前駅」から歩いて5分ほど。3時間まで無料で利用できる150台以上の駐車場もあり、電車でも車でも気軽に訪れることができます。

園内に足を運ぶと、思わず深呼吸したくなるような広々とした芝生広場が一面に広がります。点在する大きな木々や竹林が木かげを作り、その下にレジャーシートや簡易テントを広げて、のんびりとくつろぐのがおすすめです。芝生広場の中を小川が流れ、ビオトープ池も設けられています。こうした水辺や森に生息する生き物を、子どもたちと一緒に観察するのも楽しそうです。

 

タノシモポイント②
ドリンクやフードをテイクアウトして園内で

園内でひときわ目を引くのが、大きな屋根とガラス張りの窓が印象的なカフェ「KAKAMIGAHARA STAND」です。こちらでは、おいしいコーヒーやドリンク、蒸しパンプレートなどが味わえます。すべてのメニューがテイクアウト可能なので、園内のベンチや芝生の上で味わえば、ピクニック気分が堪能できます。

 

隣接する屋内型の遊び場である「KAKAMIGAHARA PARK BRIDGE」(カカミガハラ パーク ブリッジ)にも、パンやハンバーガー、野菜たっぷりのカレー、おにぎりなどがテイクアウトできる飲食店が入店しています。

また、KAKAMIGAHARA PARK BRIDGE(上写真)では入場料のみで、テントやイス、テーブルなどのピクニックセットやさまざまな遊具がレンタルでき、学びの森や各務原市民公園に持ち込んで、丸一日ゆったりと二つの公園を満喫するのもおすすめです。

 

タノシモポイント③
季節ごとに違った表情が楽しめる「イチョウ並木」

 

公園の南側には、イチョウ並木が約200mにわたって続いています。11月中旬から下旬にかけて、約70本のイチョウの木が一斉に黄色に染まる姿は圧巻ですが、春から夏にかけての青々としげるイチョウもとても美しいです。撮影に訪れたこの日も、イチョウ並木の下でウォーキングやジョギングを楽しんだり、犬の散歩をしたりする人の姿を多く見かけました。12月上旬から2月中旬にかけては、イチョウ並木に約15万球のイルミネーションが点灯し、幻想的な雰囲気を味わうことができます。

 

 

学びの森には遊具は設置されていませんが、広々とした芝生広場や緑豊かな木々、ビオトープ池などがあり、季節ごとに自然を身近に感じながらゆったりと過ごすことができます。ぜひ気軽に足を運んでみてください。

 

多目的トイレには、おむつ替え台やベビーチェアが設置されています。

 

施設情報

学びの森

■住所:岐阜県各務原市那加雲雀町10-4
■電話番号:058-383-1531(各務原市役所 河川公園課 公園係)
■開園時間:なし(常時開園)
■閉園時間:なし(常時開園)※KAKAMIGAHARA STANDは11:00〜17:00、KAKAMIGAHARA PARK BRIDGEは10:00〜17:00
■定休日:なし ※KAKAMIGAHARA STANDは木曜定休、KAKAMIGAHARA PARK BRIDGEは水曜定休
■駐車場:153台(3時間まで無料)
■体験できる遊具など:なし
■園内の有料の乗り物:なし
■お食事情報:カフェあり
■お得な情報:なし
■ベビーカーの貸出:なし
■遊具貸出:なし
■水遊び:あり
■キッズ向けの飲料自販機:なし
■離乳食の販売:なし
■おもちゃの販売:なし
■迷子センターの有無:なし
■自治体の子育てカード提示での割引:なし
■雨天で遊べる場所:KAKAMIGAHARA PARK BRIDGE(有料)
■定例キッズイベント:なし
■公式サイト:https://www.city.kakamigahara.lg.jp/shisei/shisetsu/1005631/1005649.html

みんなのコメント
口コミ件数:
総合評価:
記事にコメントをするには会員登録が必要です。

関連記事

おすすめ記事