インドサイ いきもの図鑑

インドサイ

学名:
Rhinoceros unicornis
分類:
奇蹄目(きていもく)サイ科
体長:
約300cm ~ 約400cm
体重:
約1,500kg ~ 約3,000kg
すんでいる場所:
インドのアッサム地方
ネパール南部の湿地(しっち)、
森林(しんりん)、草原(そうげん)
  • #東山動植物園
  • #絶滅危惧種
  • #おもしろ生態
  • #動物
  • #おもに植物を食べる

  • 陸(りく)の上では、ゾウについで大きな動物だよ。
    オスは体長4m、体重は3tをこえることも。大迫力(だいはくりょく)だよね!
  • 特徴的(とくちょうてき)なのは、ヒフ。よろいをきているみたいに全身(ぜんしん)がごつごつしてるんだ。
    だから、別名(べつめい)を「ヨロイサイ」とも言うらしいよ。
    強そうで、かっこいいよね!
  • サイといえば、りっぱな角(つの)。アフリカにいるサイは2本だけど、インドサイは1本なんだよ。見わけるポイントだね!
    そして、じつはこの角、骨(ほね)じゃないんだ。ヒフにはえる毛が変化したものだと言われている。
    あんなにかたそうなのにね!
  • でも、この角が原因(げんいん)で数が減ってしまったんだ。
    毛とおなじ成分(せいぶん)でできているのに、薬の原料になると言われて、角をとるために狩(か)られてしまったんだよ。

  • 東山動植物園の正門(せいもん)から入ると、さいしょに会えるのがインドサイだわーん。いきなり、どーん!と大きなすがたが見えるので、ちょっとビックリ&ドキドキするね。
  • 東山動植物園には3頭(とう)のインドサイがいるわーん。
    オスのブンタ。親子のニルギリとセラ。ニルギリがお母さんで、セラが息子(むすこ)だわーん。
    ブンタは水遊びがだいすきで、ハデに水浴(みずあ)びをするらしいわーん。
    夏にはどっぷりプールにつかっているそう。
  • 飼育員(しいくいん)さんによると、セラはとっても美男子(びなんし)らしいわーん。
    角のかたち、くちびるのかたちが整(ととの)っているとか。
    お母さんのニルギリゆずりらしいから、見くらべてみるわーん!

監修・写真提供/東山動植物園

地球からいなくなる かもしれない動物だよ

みんなのコメント
口コミ件数:
総合評価:
記事にコメントをするには会員登録が必要です。

関連記事

おすすめ記事