タンヨウパナマ いきもの図鑑

タンヨウパナマ

学名:
Ludovia lancifolia Brongn.
分類:
パナマソウ科
原産地(げんさんち):
熱帯(ねったい)アメリカ
  • #東山動植物園
  • #おもしろ生態
  • #植物

  • アメリカ大陸(たいりく)の熱帯地域(ねったいちいき)に
    生息(せいそく)するタンヨウパナマ。

    その特徴(とくちょう)は、なんというか、ちょっと「おいしそう」。
  • とじたつぼみの中に、白くて長いおしべがたくさん入っていて、
    花がひらくときに、いっせいにたれさがるんだ。

    そのすがたは、まさに麺類(めんるい)。
    そうめん? スパゲティ? これが花だなんて!
  • 花がひらくのは、たったの一日だけ。そのあとは色が落ちて茶色にかわってしまうよ。
    そのすがたは、なんとなんと、やきそばみたいなんだって!
    最後(さいご)まで麺類。なんか、おなかがすいてきちゃったな……。

  • 東山動植物園の、植物園温室(おんしつ)、
    ハワイアンハウスで見られる
    わーん。
    花の咲(さ)く時期(じき)は、夏。
    花は夜の間にひらくから、運(うん)がいいと、
    朝、そうめんのすがたが見られるわーん。
  • タンヨウパナマを見たあとは、動植物園のレストランで、
    麺類(めんるい)を食べて帰りたいわーん。ビックン!
    「イヌなのに?」とか、一言(ひとこと)おおいわーん!

監修・写真提供/東山動植物園

みんなのコメント
口コミ件数:
総合評価:
記事にコメントをするには会員登録が必要です。

関連記事

おすすめ記事