親子で楽しむ公園特集「あいち健康の森公園」は親子で一日過ごせるわくわくスポット!

「あいち健康の森公園」は親子で一日過ごせるわくわくスポット!

「健康づくり都市宣言」をしている愛知県大府市と東浦町にまたがるウェルネスバレーには、健康・医療・介護、そして社会福祉施設が集結しています。そのなかでも地元の象徴的存在として知られている「あいち健康の森公園」を紹介します。

パパ・ママ注目!タノシモポイント!

目次

タノシモポイント①
緑に囲まれた自然豊かな環境が魅力

「あいち健康の森公園」は、健康・運動・福祉・研究・生きがいをテーマにしている総合施設。
約100haの広大な敷地内には、それぞれのゾーンがあり、そのなかでも健康と運動ゾーンは都市公園として整備されています。

 

子ども向けの遊具や広場が充実していて、ファミリーで訪れたときには一日中満喫できるはず。施設中央に位置するジョギング・ウォーキングコースは、一周1,100m。子どもから高齢者まで、健康づくりをする人で賑わいます。

タノシモポイント②
子どもの運動能力を伸ばすふたつの広場

施設内には「大芝生広場」と「さんさん広場」の、ふたつの広場があります。第一駐車場から近い大芝生広場は、子どもたちが思い切り走り回れる広さが特徴。この春から新しく生まれ変わった大型複合遊具も供用を開始します!

もうひとつのさんさん広場はなだらかな丘陵になっていて、足腰を鍛えられそうですね。広場内にはロング滑り台やアスレチックが設けられていました。

タノシモポイント③
夏も冬も楽しく遊べる「子どもの森」

子どもたちから大人気の「子どもの森」。さんさん広場から、「宝橋」と呼ばれる架け橋を渡ってアクセスします。

森林をくぐり抜けると、目の前にはたくさんの遊具が。子ども心がときめくこと間違いありません。遊具の対象年齢は6~12歳。安全にご利用いただくために対象年齢などのルールを守りつつ楽しんでください。

つり橋や滑り台が備わっている「ツリーハウス」は子どもの森のなかでも一番人気。まるで絵本の世界を再現したかのような外観です。全体的に子どもの森は木々に囲まれていて涼しく、夏でも快適に遊べるでしょう。

施設内にはいたるところに自動販売機が設置されていて、休日にはキッチンカーが出ていることも。お昼ご飯を調達できれば、一日施設内で過ごせそうです。親子で体を思いきりうごかしたいときには、「あいち健康の森公園」へ行ってみてはいかがでしょうか。

施設情報

あいち健康の森公園

■住所:愛知県大府市森岡町9丁目300番地
■電話番号:0562-47-9222
■営業時間:駐車場は7:00〜21:15
■定休日:有料施設の休業日は毎月第一月曜日(月曜日が祝日の場合は最初の平日)
■駐車場:あり
■URL:https://www.aichi-koen.com/kenmori/
■アクセス:大府東海IC(知多半島道路)から東へ約10分

※掲載している商品は、特別な表記がある場合を除き、消費税を含んでいます。
※掲載している定休日に、正月・GW・夏季休暇は含まれていません。
事前に確認してからおでかけください。
※掲載内容は、2022年2月28日現在のものです。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、掲載内容は予告なく変更する場合があります。
公式サイト・SNSで確認してください。

みんなのコメント
口コミ件数:
総合評価:
記事にコメントをするには会員登録が必要です。

関連記事

おすすめ記事