親子で楽しむ公園特集ほど良い広さはウォーキングにもぴったり!「呼続公園」

ほど良い広さはウォーキングにもぴったり!「呼続公園」

これから体力がついていく小さな子ども連れのお出かけにぴったりな、名古屋市南区の「呼続公園」。遊具で遊んだり、公園のシンボルとなっている曽池の周りをウォーキングしたりと、思い思いの時間を過ごせます。園の魅力をたっぷり紹介していきます。

パパ・ママ注目!タノシモポイント!

目次

タノシモポイント①
適度な広さの公園で、親子で遊ぶのにぴったり

名古屋市南区の北東部にある「呼読公園」は広さ4.35haと、区を代表する公園です。公園を中心とした一帯は「曽池遺跡」と呼ばれていて、竪穴式住居の遺構や土器類の出土からは、この地の歴史を学べます。出土品の中には船の一部や漁具なども見られ、かつてこの地が海であったことがわかります。

曽池には噴水もあって、水が出る瞬間を見た子どもが喜んでくれるかも知れません。春になると、池の周りには満開の桜の花が咲き誇り、秋には紅葉を楽しむこともできます。

タノシモポイント②
子供向けの遊具がきれい

駐車場の隣にある「呼続広場」は、比較的新しい場所であり、子ども用の遊具がきれいです。子どもが直接触れるものなので、きれいな遊具で遊ばせられると安心します。

 

この公園の特徴的な施設であるのが、中央部分にある山型遊具です。つるつるした箇所と、石が入っている場所がありますので、子どもの思わぬケガを防ぐために、昇るときには必ずそばで見守ってあげてください。

遊具の下には、安全に遊べる年齢が分かるシールが貼ってあります。パパ・ママは確認してから年齢に合った遊ばせ方ができます。

タノシモポイント③
住宅地の中に位置し、地元住民が集う憩いの場

「呼続公園」は、市道から少し南に入った住宅地の中にあります。昭和29年の開園以来、地元の方の憩いの場にもなっていて、晴れた日にはのんびり過ごす人々の姿が見られます。富部神社や長楽寺と隣接していることから、参拝帰りに公園でくつろぐのもおすすめです。

 

子どもとゆったりとした時間を過ごすのに、「呼続公園」はぴったりのスポットです。地元の方はもちろんのこと、離れた場所にお住まいの方も、一度訪れてみてはいかがですか。

施設情報

呼続公園

■住所:名古屋市南区呼続四丁目ほか
■電話番号:052-612-3211(南土木事務所)
■開園時間:なし(24時間)
■閉園時間:なし(24時間)
■定休日:なし
■駐車場:あり
■体験できる遊具など:あり
■園内の有料の乗り物:なし
■お食事情報:なし
■お得な情報:なし
■ベビーカーの貸出:なし
■遊具貸出:なし
■水遊び:不可
■キッズ向けの飲料自販機:なし
■離乳食の販売:なし
■おもちゃの販売:なし
■迷子センターの有無:なし
■自治体の子育てカード提示での割引:なし
■雨天で遊べる場所:なし
■定例キッズイベント:なし
■公式サイト:https://www.city.nagoya.jp/ryokuseidoboku/page/0000005053.html

みんなのコメント
口コミ件数:
総合評価:
記事にコメントをするには会員登録が必要です。

関連記事

おすすめ記事